FXブローカーは自分に合ったところを


 バイナリーオプションの人気に火がついて自分も始めたい!と考えている方は多いのではないでしょうか。それならばまずはFX業者を選ぶことから始めなくてはなりません。申し込みを行い、口座を開き投資金額を入金することで取引を始めることができます。ただFX業者は数多くあるのですが、すべての業者がバイナリーオプションを提供しているというわけでもありません。またルールの違いや仕組みが異なる部分もあるので、自身のトレードスタイルに適した業者を選ぶことが重要になります。

バイナリーオプションに勝ちたいならば
バイナリーオプション業者を選ぶ際には、それぞれ注目すべきポイントがあるので確認しておきましょう。

1.ペイアウト倍率
ペイアウトとは払い戻し、取引に成功して利益を獲得することを意味していますが、その利益額はペイアウト倍率によって異なってきます。ペイアウト倍率が高ければ利益獲得額は大きくなりますので、トレーダーの収支に影響する大きなチェック項目です。ペイアウト倍率が高い業者の方が、もちろんチャンスも大きくなるということです。

2. 取引権利の放棄
バイナリーオプションの基本的なルールは、取引時間が終了する時点において予想したレートが上になるか下になるかを判定する取引です。予想が当たれば利益獲得、外れれば投資した金額が0になるというシンプルなルールです。最近では、予想が外れそうだと早々にわかってしまった場合、途中で取引をやめることができる「権利放棄」のシステムを導入している業者もあります。権利放棄を使うことによって無理やり不利な状況で取引を続けなくてはならない、ということを避けることができ損失を小さく抑えることができます。

3.取引可能な時間帯
バイナリーオプションだけを本業として常にパソコン画面に張付いていられる、という方はむしろ少ないかと思います。市場が開いている時間帯がいつのタイミングになるのか、ライフスタイルに適したトレードができるのかを事前に確認しておくことは重要です。

4.投資金額について
投資と言っても個人で行う場合はそこに使える資金には限りがあるでしょう。ですから購入するチケットの費用がそこまで高くない程度が複数回取引をするのに適しています。入金時の最低投資金額が低い業者なども選択肢の一つとして注目しておきましょう。

5.モバイル端末対応サービス
常に動いているのが為替レート。家に居る時間帯ならすぐにでもチェックできるかもしれませんが、外出中などの場合はそう簡単にもできません。そこでスマホやタブレットなどのモバイル対応サービスを提供している業者がお薦めです。また、チャート分析には欠かせない機能性の高いチャートが提供されているかどうかもチェック項目です。

口座開設について

FX業者選びが終わったら、次は口座の開設です。手続きは至ってシンプルですのでこれから取引を始める方でも難なく手続きが終了できます。

・準備するもの
FX口座を開設するのは銀行口座を開設するのとほぼ同じような流れになります。まずは本人と確認できる書類を用意しましょう。健康保険証やパスポート、運転免許証などの書類提示が求められます。

・申請手続きに関して
ウェブサイトにアクセスすれば、インターネット経由で口座を開設できる業者がほとんどです。氏名や住所、電話番号などの連絡先を入力し、求められている個人情報を間違いなく入力したら完了です。

・業者側から送られる書類の確認
インターネット経由での申し込みが完了すると、FX業者側から入力された個人情報を元に口座開設に必要な書類一式が送られる流れとなります。利用規約などは面倒がらずにしっかりと一読しておき、特に問題がなければサインや捺印をし、本人確認のできる書類を添付して返送しましょう。

・口座にアクセス、ID・パスワード
手続きに不備がなければFX業者が口座開設を行います。その後、アクセスに必要なIDとパスワードといった情報が送られてきます。

・取引スタート!
マイページへログインし、自身の口座に入金さえすればすぐにでも取引が始められます。